学生生活campus life

授業紹介

現代社会領域

国際関係概論

グローバルな視野を持とう

この講義は、緊張の度合いを強める現代の国際関係について理解を深めることを目的としています。また、受講生のみなさんによる調べ学習を多く行い、物事を主体的に学び、理解しようとする姿勢を身につけ、グローバルな視野を持つようになってもらいたいと思います。

文化交流領域

アジア文化論

韓流や華流の世界とはまた一味違う生活文化

この授業では日本、韓国、中国漢族の伝統的な婚姻、家族、親族などに関する習慣について学びます。韓流や華流の現代ドラマの世界とはまた異なる伝統的な生活文化を、日本と比べながら学ぶことで、韓国や中国をより深く知ることを目指します。

英語領域

メディアイングリッシュⅠ~Ⅲ

映像教材で生きた英語と海外情報を学ぶ

映画、ニュース、ドキュメンタリーなどの映像教材を使い、リスニング力とスピーキング力を伸ばす授業です。ナチュラルスピードの英語を聞き取るだけでなく、映像教材から海外の情報も楽しく学べます。また、内容について自分の意見を英語で発表します。

東アジア言語領域

韓国語(文法・読解)/(会話)

生きた韓国語表現を学ぼう

ネイティブスピーカーによる、基礎的な文法項目や表現を学びます。K-POPの歌詞なども用いて「生きた韓国語」に触れながら、コミュニケーション力を身につけます。授業では、「聞く」・「話す」・「読む」・「書く」のスキルをバランスよく伸ばすことを目指しています。

学外研修

鵜飼見学(2022年度・国際文化学科学外教養演習)【2022年9月29日】

「学外教養演習」で長良川鵜飼見学を実施しました。

天候にも恵まれ、鵜舟の篝火が鮮やかに水面に映える中、歴史ある岐阜の伝統文化を体感しました。学生にとって地域の伝統文化に触れる貴重な機会であり、さらに仲間と共有することで、友人関係をより深める時間となったことと思います。

鵜飼見学の課題エッセイ紹介

M.Sさん 国際文化学科1年生

私は今回の鵜飼見学が非常に貴重な思い出になったと感じている。

私は小学生の時、一度、鵜飼ミュージアムを見学に訪れたことがあったが、実際に目の前で鵜飼を見学したのは今回が初めてであった。鵜匠さんの力強い声が印象的で、巧みに鵜を操る姿に目が離せなかった。また、観覧船からはライトアップされた岐阜城を間近に見ることもできて嬉しかった。鵜飼と岐阜城、そして岐阜の夜景を一度に堪能することができ、贅沢な時間を過ごせたと感じている。

そして何より、鵜飼見学を通じて、仲間との距離が一気に縮まったように思う。私は入学以来、毎日決まった仲間としか関わっておらず、友人が固定化していた。しかし今回の研修で、今まであまり関わる機会のなかったクラスメイトとも会話することができたり、岐阜の伝統文化である鵜飼を初めて目にする期待感や、高揚感を共有したりできた。
入学して数か月が経った現在、鵜飼見学を通じて新たな友人関係を築くことができ、非常に幸いに感じている。今回の経験が、私の大学生活や人生において格別な思い出になったと感じている。今後もこの思い出を大切にしていきたい。

岐阜市内見学(2022年度・英語英文学科学外研修)【2022年6月6日】

毎年6月頃に、岐阜市について理解深めるため、学外研修を実施しています。研修前に立てた計画に従い、岐阜市内の名所旧跡を訪れ、岐阜の歴史、文化、名産品について学びます。研修後、調べたことをグループごとに日本語・英語の2種類のレポートにまとめ、発表しています。

今年はあいにくの天気でしたが、美江寺観音に足を運び、奈良時代に造られた大仏について調べたグループや、鵜飼ミュージアムで夜に体験する鵜飼の知識を得たグループ、川原町を散策し、おしゃれなカフェや岐阜市の銘菓を楽しんだグループなどがありました。岐阜市に慣れ親しんだ学生も、岐阜市に来てまだ間もない学生も、新たな岐阜市の魅力を発見するよい体験になりました。

在学生の声

N.Oさん
英語英文学科1年生

岐女短で2年間を充実したものに

私が岐女短に入学してから、2年が経とうとしています。入学当初は長いと思えていた2年という期間ですが、勉学やサークル活動に勤しんでいる間に、あっという間に過ぎてしまいました。素敵な友人や先生方との別れを惜しく感じ、噛み締めながら学生生活を送っています。

私は中学高校で英語を学んできた中で英語圏の文化に興味を持ち、大学では英語圏の文化を学びつつ、英語力の向上を目指して英語英文学科で勉学に励んでいます。
岐女短での英会話の授業では身近に感じやすいテーマが多く、自分の意見が考えやすい上に授業にのめり込むことができます。ネイティブの先生は優しくてユーモアがあり、学生の質問に真摯に答えてくれるため、わからないことがあっても不安を抱えずに質問できます。また、ネイティブの先生とクラスのみんなで和気あいあいとした雰囲気の中で授業をするので、私自身楽しく授業を受けています。

自分の考えを英語にすることは、最初は難しく慣れませんでしたが、先生方に教えていただきながら、英会話授業の回数を重ねるうちに自然と英語が出てくるようになりました。授業で学んだことをアウトプットする機会も多く、気づかないうちにスピーキング力が成長していきました。私は特に発音が上達したと感じています。先生方が授業内で口の動かし方や発声の方法まで細かく教えてくださるので、ネイティブの発音に近づけることができています。

私は岐女短卒業後、就職し社会人になります。1年生の頃、進路は就職と決めていましたが何から始めたら良いかわからず困っていました。しかし、1年生の夏頃から就職支援ガイダンスが始まり、就職活動について無知だった私でも詳しく知ることができました。自分自身でやらなければならないことが多い就職活動ですが、悩み事ができた時にはキャリア支援室に行くと、いつも的確なアドバイスをしてくださいます。キャリア支援室だけでなく、学科内の先生も些細な悩みでも聞いてくださり、解決するまで学生のことを気にかけてくださいます。四年制大学などでは学生数が多く、なかなか一人一人に寄り添うことは難しいと思いますので、先生方との距離が近いことは岐女短の魅力だと思います。
2年という限られた時間の中で自分の成長を大いに感じることができ、岐女短に入学して良かったなと思います。ぜひ皆さんも岐女短で充実した学生生活を送ってください。

M.Kさん
国際文化学科1年生

入学して心から良かったと思える岐女短

岐女短に入学して半年が経ちました。友人たちと共に勉学に励み、全力疾走で駆け抜けた半年でした。入学してから、国際文化学科に入れて本当によかったと心から思う日々を過ごしています。

国際文化学科では、名前の通り、さまざまな国の文化について学んでいきます。その中で特に好きな授業は「日本文化論」で、日本の精神文化について学びます。他国ばかりに目を向けがちですが、私はまずは自分の国を知ってこそ他国について理解が深まると感じます。私たち日本人のものの見方や価値観をもう一度客観的に捉えることで異文化との違いを理解することができ、自分の視野が次第に広がって行くことを実感できます。

語学の授業で私が特に学ぶ楽しみを感じるのは、中国語科目です。ネイティブの先生方が文法や構文を一から丁寧に教えてくださいます。授業内容の関連として、中国での若者言葉や今現在使われている言葉など「生きた言語」も学ぶことができます。後期からは大連大学からの留学生と一緒に受講しているため、日本にいながら中国に留学したような感覚で臨むことができます。拙い中国語でも、普段日本人の友達とするような会話ができる楽しさと、意味が通じた時の喜びはとても大きいものです。国は違えど同年代の女の子という立場は全く同じだという事を実感したため、後はことばの壁を乗り越えられるよう、さらに勉強に励んでいきます。

岐女短は学生や先生も含め、みんな思いやりに溢れた優しい方たちばかりです。私は、そのような方たちと共に学ぶことのできる岐女短が本当に大好きです。あと一年、さらに自分を成長させられるような充実した学生生活を送りたいと考えています。