進路

健康栄養学科の進路支援体制

本学科教員とキャリア支援室の専門スタッフが連携し、学生一人ひとりにきめ細やかな進路サポートを行っています。

また本学科では、1年生を対象に学科独自の「企業説明会」と、「OG・先輩と語る会」を企画し、自分に合った進路を考える場を設けています。
「企業説明会」は大学全体で行っていますが、さらに本学科では、卒業生が在職している委託給食会社や医薬品関連会社にご協力いただき、学科の学びに特化した進路先の説明会を開催しています。同時期に数社の特色を知ることができますし、卒業生が参加して実際に感じていることを話してくださる企業もあり、貴重な機会です。
「OG・先輩と語る会」では、卒業生からは就職した後の様子や進学先での学びについて話していただき、活動を終えたばかりの2年生からは就職活動のすすめ方や進学にむけての勉強法についてアドバイスをもらえます。

近年の就職/進学情報

就職・進学の状況

長い伝統と培った信用により極めて高い就職率を維持しています。就職では、給食関係会社の栄養士、病院栄養士、保育所の栄養士など『栄養士免許』を生かす道があります。また、本学科で学んだ専門知識を生かして、食品メーカーや薬品メーカーなどで品質管理や研究開発のアシスタントの道もあります。専門分野にこだわらず、幅広いさまざまな業種の一般事務として就職する道もあります。

その他、近年、増加傾向にありますが、岐阜大学応用生物科学部などに編入学する学生や、管理栄養士養成課程をもつ大学の3年次へ編入学する学生など進学の道も拓かれています。

卒業生の進路

卒業年度 2020年度 2021年度 2022年度
栄養士 54.7%(29名) 62.0%(31名) 56.8%(21名)
食品・医薬品 17.0%(9名) 8.0%(4名) 18.9%(7名)
事務職・その他 22.6%(12名) 14.0%(7名) 18.9%(7名)
進学・編入学 5.7%(3名) 16.0%(8名) 2.7%(1名)

※近年、栄養士での就職が増加しています。

主な就職・進路先

栄養士

熱田福祉会、池内福祉会、石本商事、―冨士フードサービス、犬山病院、医療法人明峰会リバーサイド気比の杜、魚国総本社、エームサービス、大野保育園、大山崎さくらの里保育園、グリーンハウス、シダックス、社会福祉法人静清会羽衣の園、社会福祉法人高山社会福祉会、社会福祉法人紫水会、朱七保育園、スイートスタイル、誠心デイサービスセンターひまわり、たんぽぽ保育園、デリクックちくま、東洋食品、トーカイフーズ、にっこり園、日清医療食品、日本海給食、日本ゼネラルフード、富士産業、藤田医科大学ばんたね病院、藤田医科大学病院、ふじや、松岡整形外科、メフォス、わかくさ保育園 など

食品・医薬品

アピ、カネ美食品、九重化成、小林薬品工業、シーシーアイ、スイートスタイル、スシロー、住岡食品、中部フーズ、トリードルホールディングス、フレシュール、ベストーネ、ヤマザキビスケット、レニエ など

事務職・その他

エスラインギフ、大垣西濃信用金庫、太田病院・太田メディカルクリニック(特定医療法人録三会)、柏商工、岐阜県警察事務、岐阜信用金庫、ぎふ農業協同組合、黒田製作所、航空自衛隊、コーケツ、コネクシオ、小林薬品工業、生活協同組合コープぎふ、全国共済農業協同組合連合会岐阜県本部、たんぽぽ薬局、日本トムソン(岐阜製作所)、日本郵便、ネッツトヨタ岐阜、パナソニックライフソリューションズ、ハビックス、阪神調剤ホールディング、メガネ流通センター、MTK など

進学・編入学

石川県立大学、大阪府立大学、岐阜女子大学、岐阜大学、神戸学院大学、神戸女子大学、佐賀大学、至学館大学、中部大学、名古屋文理大学、山口県立大学、国際調理専門学校 など

卒業生からのメッセージ

2021年卒業・A.M.さん
株式会社あきんどスシロー

今の私の糧

「岐女短で良かった。」

私は卒業してから今日まで、そう思わなかったことがありません。

岐女短で私が得たことは大きく2つあります。

1つ目は、知識と技術です。本学科では、食と健康について様々な角度から見つめ、深めていきます。豊富な講義・実験・実習で修得した知識と技術は、外食企業で働く今の私の自信となっています。例えば、食中毒の危険性を店舗のスタッフさんに伝える時、大学で学んだ食中毒と衛生管理の知識が活かされます。また、口頭では伝えづらい事柄を大勢のスタッフさんに伝えたい時には、掲示物を作ることがあります。その際、栄養指導論実習などで実践していた教材作りの経験が活き、私の自信の持てる仕事の1つです。

2つ目は、自分と向き合う時間です。私は、将来は食にかかわる仕事をしたい」という気持ちだけで本学科に入学しました。ですので、大学卒業後どのように食に関わっていくかを明確に決めることが難しかったです。しかし、1つ1つの選択に背中を押してくれる仲間や恩師と出会い、目標を具体的に考えることができました。これは、少人数制の岐女短だからこそだったと思います。

岐女短での2年間は本当にあっという間です。私は新潟県出身なので、全く知らない土地での初めてのひとり暮らしは不安だらけでした。しかし、それを乗り越え、勉強も遊びも全部を全力で楽しむことができたのは、岐女短で素敵な仲間に出会えたからです。ずっと大切にしたい宝物を沢山得られた2年間は今の私の糧です。是非皆さんにも充実した時間を過ごしていただきたいです。

2021年卒業・I.E.さん
日清医療食品株式会社

私の夢への第一歩

私は幼い頃から料理をしたり食べたりする事が好きでした。また、以前入院した時に食べた入院食をきっかけに、食事の面から健康をサポートする栄養士を目指したいと考えるようになり、食物栄養学科を志望しました。岐阜女子短大では栄養に関する講義から微生物や食品加工等の幅広い分野を学び、学んだ事を生かすために実習を行います。少人数での実験や実習を行うので、気軽に相談したり意見交換したりと内容の濃いディスカッションを行うことが出来て、お互い切磋琢磨しながら学ぶことが出来ました。

2021年の春、卒業して総合病院に配属されました。今私が勤めている病院では、食札の作成と盛付後のチェックが主な仕事で、食札作成では、患者様1人1人に記載されているコメントやアレルギーを確認し、提供出来る内容に料理を変更していきます。食事確認では、トレーに乗っている食事と食札の内容が合っているかを確認します。どの食事(食種)が提供出来るのか食事内容が他の献立と被っていないか等様々な事を確認し考え食札を作るのはとても難しいですが、日々学びながら業務を行っています。

そして、委託栄養士の仕事は他にもあります。患者様のアレルギー内容のチェックをしたり、食材の在庫管理をしたり(勿論発注もしたり)、献立作成等も作業に含まれます。病院の栄養士とは患者様に安心で安全な、それでありながら満足してもらえる食事を提供するために日々話合いをしています。時折頂ける患者様からのお礼の手紙が何よりの励みになり誇りだと先輩栄養士に教えて頂きました。

短大で学ぶ2年間はとても短くあっという間に過ぎていきます。卒業して社会人となってから、もっと深く学んでいたら良かったと最近思います。ですが、その2年で学んだ事は確実に今の自分の基礎となっています。短い時間で栄養士の資格を取得するので、講義やレポートで忙しいですが、時間に忙殺されないで先生方や友人との時間も大切にし、充実し楽しい大学での生活を送ってください。