学生生活

授業の紹介

傷病者の食事と栄養管理について学ぶ「臨床栄養学」

病気と栄養の関係について、各疾患別に学習します。栄養士として健康増進や疾患予防を実践するための基盤を培います。

料理の基本と調理の科学を学ぶ「調理学実習」

調理の基本的な技術と知識を日本料理・中国料理・西洋料理を通して学びます。食材に適した調理法や器具の使い方、さらに各様式に適した食器と配膳、食卓構成についても学びます。

⇦ 実習内で取り組んでいる『お弁当の日』をYouTube岐女短チャンネルで紹介しています!
食品の安全と衛生検査を学ぶ「食品衛生学実験」

「食品の安全性」の視点から身近な食品に含まれる添加物の分析実験や、手指の細菌検査、市販食品の微生物検査なども行います。講義での知識をさらに深めることができます。

⇦実験内で行っている手洗いの前後の汚れを数値で判定する実験をYouTube岐女短チャンネルで紹介しています!

在学生の声

在学生 Y.F.さん
岐阜県立岐阜農林高等学校 出身

私が伝えたいこと

私は、人生の中で密接に関係してくる食と栄養について詳しく学び、将来人々の健康を支えていけるような栄養士になりたいと思い、食物栄養学科に入学しました。食物栄養学科では、食品に含まれる栄養素についてだけでなく、人体の構造や働き、栄養の指導、給食の運営まで幅広い分野を学ぶことができます。そして、講義で得た知識を活かし、実習で実践しています。これらの実際に経験することで、講義では得られない理解を深めていくことができます。また、少人数体制であるため、先生や仲間との距離が近く、実験や実習などのグループ作業を通して全員と仲良くなることができることも魅力の一つだと思います。

私自身入学前までは、勉強についていけるかとても不安でした。しかし、本学では食品に関してのとても基本的な知識からわかりやすく教えていただけるため、勉強についていけないのではないかという思いはどんどん減少していきました。もし分からないところがある場合にも、周りの仲間に助けを求めながら、問題を解決していくことができています。今、入学後の勉強が不安だと思う人がいるかもしれません。しかし、食について学びたいという気持ちがあれば心配しなくても大丈夫だと思います。

短大での生活は毎日忙しいため、時間の流れがあっという間ですが、日々の濃密さが高いものだと感じています。食への興味が少しでもある人は是非、私達と一緒に学びを深めていきましょう。

在学生 N.T.さん
富山県立高岡商業高等学校 出身

成長できる場所

私は、高校時代の部活動を通してスポーツに携わる方々を「食」の面から支援したいと思うようになり、岐女短の食物栄養学科に入学しました。本学では座学だけでなく、実習や実験など、様々な授業形態から食について学んでいます。食物栄養学科は2クラスに分かれており、少人数で学ぶことができます。少人数のため、先生方との距離が近く、先生方に質問や相談などがしやすいです。また、実験や実習ではグループワークが多いため、それらを通して友人との仲を深められるのも少人数制の良い点だと感じています。

私は高校が商業科であったため、生物や化学についての深い知識はなく、短大の授業についていけるか不安でした。しかし、基礎から学べる授業が多く、わからないところがあれば先生方が理解できるまで指導してくださるおかげで、学ぶことの楽しさや、自分の夢に近づいている喜びを日々感じています。また、下宿生活をすることで、自分でできることが増え、人としても成長できていると実感しています。

将来の夢を持ち、それを叶えることはとても難しいことだと思います。本学では、私たちの夢を実現するために、先生方が全力でご指導・サポートしてくださいます。また、同じ夢を持った仲間たちと助け合いながら、日々1歩ずつ成長することができます。岐女短生として、夢の実現に向けて一緒に成長していきましょう!