進路career course

学科の進路支援体制

デザイン環境学科では、進路支援として領域およびゼミ指導教員と進路担当職員が連携を取り、学生の希望に添えるよう指導しています。特に専門職の希望者には、ポートフォリオ(作品集)作成方法や模擬面接などの個別指導をしっかりと行っています。

専門職のほかに、デザインのスキルを活かした一般職(一般企業)への就職も多く、広報や企画などの職種にも就いています。

 

近年の就職/進学情報

ファッション分野

繊維:
カワボウテキスチャード、岐セン

製作:
東亜和裁、サンエース

検査機関:
カケンテストセンター

販売:
アイジーエー、アダストリア、アバハウスインターナショナル、オー・アール・エフ、オンワード樫山、キャン、銀座マギー、三陽商会、ストライプインターナショナル、ノーリーズ、パルグループ、ヤマダヤ、ヤングファッション研究所、ユナイデットアローズ、ルネ

建築・インテリア分野

設計:
アーキ・キューブ、スタジオパートスリー、鷲見製材(ひだまりほーむ)、ネイエ設計事務所、リビングプラザ リヴアース、和光地所

建設:
アサヒグローバル、アッシュホーム、鳳建設、子育て安心住宅&デザインラボ、シビル・デザイン・ツーワン、高垣組、中設エンジ、丸洋建設、パナホーム愛岐、ヤマカ木材

販売:
サンレジャン、棚橋鋼材、万代家具、藤岡木工所

不動産:
大丸開発、不動産SHOPナカジツ

ヴィジュアル・情報分野

グラフィック・Web・情報・企画:
大鹿印刷所、片桐、GRASPERS、弘文社、コムズ、サイバーインテリジェンス、大和製本、高桑印刷、チューキョー、テクノア、日本アドバンストリーダーズソフトウェア、林商事、フリースタイルエンターテインメント、保安企画、ヨツハシ

その他

公務:
岐阜市職員、岐阜市職員、徳島市職員

製造業:
岩城工業、オーツカ、キョーラク、サンワトレーディング、大進精工、MTK

進学

四大編入:
京都橘大学、金城学院大学、国際ファッション専門職大学、滋賀県立大学、福井大学、文化学園大学

専門学校:
中部ファッション専門学校、ノアデザインカレッジ

卒業生からのメッセージ

ファッション専修A.Tさん
株式会社ルネ

私は小さい頃から洋服や細かい作業が好きで、洋服に関わる仕事に憧れを持ち、働いてみたいと考えていました。高校の頃から家政科の授業等でファッションに関する勉強をしており、更に知識や技術を増やすため、岐阜市立女子短期大学の生活デザイン学科で学ぶことを決めました。入学当初は、授業が毎日あり課題も多く、自分が想像していた学生生活とは真逆の忙しい生活を送っていました。ですが、困った時に相談にのってくださる先生方や、共に頑張る友人たちのおかげで、とても楽しく充実した学生生活になりました。友人達と夜遅くまで作業室で課題に取り組んだ事も、今では素敵な思い出です。

私は、洋服やファッションで人を輝かせ、人が笑顔になるところが見たいという思いから、卒業後にアパレル会社に婦人服の販売員として就職しました。学生時代に学んだ記事の特性や販売、縫製知識など、どの授業も販売のあらゆる場面で活きており、様々な経験が自分の自信にも繋がっています。皆さんにも、岐阜市立女子短期大学で沢山の知識や技術を習得し、自分のものにしていただきたいです。新型コロナウイルスの影響で思うように就職活動が進まず、アパレル業界を諦めようと考えたこともありますが、今はこの道に進んで良かったと心から思います。

入学当初は慣れない環境で初めてのことが多く、不安になる事も多々ありましたが、2年間はあっという間ですので、どんなことにも一生懸命取り組んで充実した短大生活を楽しんでください。

建築・インテリア分野Y.Sさん
株式会社 藤岡木工所 設計部

岐女短でできた沢山の体験

私は昔からパッケージデザインを見ることが好きでした。進路について考えていた時、「デザインについて学べるところに進学したい」という思いがあり、岐阜市立女子短期大学に入学しました。しかし、高校時代はデザインとは縁のあまりない勉強をしており、ついていけるか心配でした。

入学後は、課題に対してどのような表現が良いのか毎日のように悩んでいました。ですが、先生からのアドバイスや友達と意見を交わす事で、自分なりの考えが詰まった作品を創りあげる事ができ、本当に楽しかったです。少人数制だからこそ、先生と学生が真摯に向きあえるし、小さい事でも相談がしやすい環境になっていると思います。私自身、積極的に聞きに行けるタイプではないので、気軽に話を持ちかけられる関係性にとても有難みを感じました。

卒業後は、オーダーキッチンや家具を製作している会社に就職し、主に設計をしています。その傍らで、会社で配布しているカタログなどグラフィックデザインの仕事もしています。自社のブランドイメージと、お客様の意見や満足度を両立させるのは大変ではありますが、やりがいを感じています。誌面デザインにおいては、配置・構成や写真の加工方法など、学生時代に学んだ多くの事を活かすことができ、また、他専修の科目を履修していた事も仕事をする上で役にたっています。実践的な「人の暮らしとデザインの関係性」について深く考える事ができ、デザインは面白いと改めて感じるようになりました。

2年間はほんとに一瞬です。自分自身が満足のいく学生生活になる事を願っています。

進学M.Uさん
滋賀県立大学 環境科学部 環境建築デザイン学科 3年次編入

私は岐女短に入学して良かったと心の底から思います。建築に対する憧れは中学生の頃からあり、受験期は短期大学で建築を学べる学校も視野に入れて志望校を決めていました。そこで見つけた岐女短。短期大学の中でも先生方が充実しており、カリキュラムの密度が濃く、他専修と関わることで視野が広がる可能性が高いなど、様々な魅力を感じ、志望校は岐女短に決めました。福島県出身で初めての中部地方、初めての岐阜県ということもあり、入学の際はとても緊張しましたが、同専修の子たちと課題などを通じて直ぐに打ち解けることができました。短期大学で建築を学ぶということは、思った以上に過酷なことも多いですが、その分励まし合ったり、協力し合うので同じ専修の子たちとの結束力がとても高かったと個人的に思います。先生たちとの距離も近く、編入試験の試験対策も親身になって相談に乗っていただき、感謝してもしきれません。

現在、4年制大学に進学し、興味のあった「環境」という分野を学ぶことができ、毎日刺激のある日々を過ごすことができています。岐女短の2年生の時に地域の取り組みに参加してから地域と関わる何かがしたいと思い、最近では彦根市のカフェ改修作業に自発的に取り組んでいます。これも岐女短での地域連携の取り組みの経験が生かされていると思います。

最後になりますが、岐女短で過ごした2年間は私の人生の中で貴重な財産だと思っています。岐女短で学んだことを生かし、これからも様々なことに挑戦していきたいです。
皆さんもやりたいと思うことはできるだけたくさん挑戦して、充実した楽しい学生生活を送って下さい。