学生生活campus life

授業紹介

個性豊かなデザイン環境学科の授業について、その内容の一部を紹介します。

服作りの基礎から応用までを学ぶ「ファッション造形演習Ⅰ~Ⅳ」

衣服造形の基礎から応用までを段階的に学びます。1年次は、スカートやブラウス等の基本的なアイテムの制作を通じて、衣服造形の基礎を学びます。2年次は、工業生産システムを用いたジャケット制作、手縫いによる浴衣制作に加え、自分で考えたデザインを製図から縫製まで行い、応用可能な衣服制作能力を身につけます。段階的な学習で服作りの初心者でも無理なく応用力を得ることができます。

実務に対応したCADの操作を学ぶ「建築・インテリアCAD演習」

パソコンを使用して建築図面を描くCADについて、基本操作から段階的に学習し、実務で扱う図面が描けるようになるまでを学びます。一般的な木造の戸建住宅を作図することにより、CADの製図技法および建築製図の表現方法を習得します。また、建築図面を通して平面的な図面から立体的な空間をイメージできる力を身につけます。

CG制作の基礎を学ぶ「CG演習」

コンピュータを活用したグラフィック制作の第一歩として、業界標準ソフトを使用し、CDジャケット等の制作をします。CG制作の初心者にも丁寧な指導を心がけています。2年次には本・雑誌を作る「DTP演習」や大型ポスターを制作する「グラフィックデザインⅡ」が開講されますが、それらに必要な基礎的知識・技術を修得します。

学外研修

毎年、教養演習の一環として県内外の美術館などへ赴き、知見をひろげる学外研修を実施しています。また、学びのフィールドである岐阜地域の歴史・文化への理解を深める観点から、1300年以上の歴史を誇る伝統行事「長良川鵜飼」の観覧も行っています。

海外研修

年に1回、主にヨーロッパエリアを対象に企画される海外研修は、海外の文化や優れたデザイン事例に触れる絶好の機会です。また、イタリア・ポリモーダ服飾専門学校や、岐阜市の姉妹都市であるウィーン市マイドリング区のヘッツェンドルフ服飾専門学校など、海外のデザイン教育機関との交流も行っています。

 

2年間の集大成、卒業研究発表会

デザイン環境学科では、学生の2年間の集大成である「地域実践演習(卒業研究)」の成果をより多くの方々に見ていただくために、学外での公開発表を実施しています。近年は、みんなの森ぎふメディアコスモスで卒業研究・制作展示を行っています。例年、各領域の専門性を存分に発揮して「社会における様々な問題を解決するためのデザイン」「日々の生活を豊かにするためのデザイン」の理念にもとづいて制作した多様な作品を発表し、好評を博しています。

在学生の声

ヴィジュアル専修M.Mさん
福井県立金津高等学校 出身

刺激を受けて 乗り越える

私は小さい頃から絵を描くことが好きで、デザインを学びたいと考えていました。高校が普通科だったこともあり、専門的な知識も技術もなかった為、基礎から丁寧に指導してもらえる岐阜市立女子短期大学を選択しました。

わからないことだらけで、特にパソコンでのデザインなんて自分にできるのだろうかと不安でしたが、とても丁寧なご指導で、少しずつ、確実にスキルを身につけることができていると思います。できなかったことができるようになっていくのはとても楽しいです!
たくさんの課題をこなすことはすごく大変ですが、同じ専修の友達の作品を見ることができてとても刺激を受けます。自分にはないような発想や表現方法に触れることで、さらに自分のデザインの幅が広がると思います。思うようにできないことや失敗することは毎回のようにありますが、それを乗り越えることで力も自信もつきます。

私は一人暮らしをしていますが、最初は一人でやっていけるか不安でした。今では、あまり得意ではなかった家事もそこそこできるようになり、一人暮らしをエンジョイしています!金銭感覚や管理の力も養われ、親のありがたみを改めて感じることができています。

岐女短での生活は、思っているよりもかなり忙しいです。合格してから一年後の自分がもう就職のことを考えているなんて……。二年間という短い時間だからこそ、他にはない濃い時間を過ごすことができると思います。一緒に素敵な大学生活を送りましょう!