数理DSAI教育プログラム

岐阜市立女子短期大学「数理・データサイエンス・AI教育プログラム」について

 

 岐阜市立女子短期大学「数理・データサイエンス・AI教育プログラム」は、文部科学省「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)」に申請し、令和5年8月25日、認定されました。

 ・数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)申請書

 ・数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)選考結果(外部サイト:文部科学省) 

(認定の有効期限:令和10年3月31日まで)

 

 本学では、政府の「AI戦略2019」に基づいて公開された「数理・データサイエンス・AI(リテラシーレベル)モデルカリキュラム~データ思考の涵養~」(数理・データサイエンス教育強化拠点コンソーシアム)の学修目標に基づき、2023年度より、構成する授業科目を示した教育プログラムとして実施方針を定めた「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)」を全学で実施しています。

 

本プログラムの提供方法と、学生が身につけることのできる能力

 

 本プログラムの対象となる授業科目「データサイエンス概論」は、全学科で必修科目であるため、2023年度以降入学の本学学生全員が、このプログラムを修めることになります。また、授業科目「情報・統計処理」は全学科で必修科目とし、本プログラムを補う科目となっており、「データサイエンス概論」で学んだ学習内容を、演習形式で定着させます。

本プログラムの提供により、全学科の学生が、「数理・データサイエンス・AI」の基礎を学修し、日常生活および社会の様々な場面で数理・データサイエンス・AIのスキルを有効かつ安全に活用することができる素養を身につけます。

 

対象学学科と授業の方法・内容 ※2023年度入学以降の全学科の学生が対象

 

対象授業科目

国際コミュニケーション学科

健康栄養学科

デザイン環境学科

データサイエンス概論
※必修

1年次前期

1年次前期

1年次前期

プログラム関連科目:

(情報・統計処理)

※必修

1年次後期

1年次後期

1年次後期

プログラム関連科目:

(AIプログラミング基礎)

※選択

2年次前期

 

・各授業科目のシラバスは、「授業概要」ページの”授業計画(シラバス)”から確認できます。

本プログラムの実施体制

 本学では、2023年1月にデータ駆動科学教育研究センターを設置、各学科に教員を配置して授業を行います。

また、本プログラムに限らず、担当教員へ直接疑問点等を相談することができるよう、本学では全教員がオフィスアワーを設定しているほか、MS-Teamsや電子メールを利用したオンラインツールを利用して、いつでも担当教員に質問することができます。

 

本プログラムの自己点検・評価体制について

 データ駆動科学教育研究センター運営委員会において、学内外の視点から評価し、その結果を情報公開ページにて公表しています。

 

・2022年度「数理・DS・AI教育プログラム」自己点検・評価結果