学長挨拶

畑中学長.

  岐阜市立女子短期大学は、女性人材の高等教育機関として70年を超える歴史を刻みながら、既に1万7千人を超える有為な人材を社会に送り出してきました。現在の1学年の定員は、英語英文学科が50名、国際文化学科が60名、食物栄養学科が60名、生活デザイン学科が60名の合計230名となっており、教員数は37名と、公立ならではのきめの細かい少人数教育を実現させています。

  本学は、女子の中での教育や学校行事やサークル活動等を通じて、女子のリーダーシップやメンバーシップを体感していく環境を整えており、社会に出る前の事前演習の機会を大学全体として強力にサポートしています。ちなみに卒業生の概ねの進路志望は、就職希望が8割、進学(編入学)が2割で、就職希望者の就職内定率は、この5年間の平均値で97%と高いレベルを維持しており、本学出身の先輩たちが岐阜地域を中心に広く社会から多くの期待を受けていることがうかがえます。

  2年間という短い期間ではありますが、どの学科に入学しても皆さんには、自信をもって社会に巣立つことのできる優れた教養と技術を身につけられる教育カリキュラムが用意されています。英語英文学科では、英米および英語圏の言語、文学、文化などを学ぶことを通して、国際的な場面や地域社会で活躍できる女性を育成することを目指しています。国際文化学科では、日本を含めたアジアの文化や国際関係、英語・中国語・韓国語といった主要な外国語が学べ、さらにICT活用の知識・技術を身につけることができます。食物栄養学科では、栄養や食生活の面から健康についてはもちろん、人体の構造と機能、食品と衛生、各種疾患の予防や食事療法、栄養の指導、給食の運営まで幅広く学び、高齢化社会が進む中でこれまで以上に社会の期待を背負って活躍することができます。生活デザイン学科では、人間が生活している空間とそれに関連する事物のデザインを通してクリエイティブな力を身につけ、ファッション産業、建築・インテリア業界、印刷・出版業界などで活躍することができます。(詳細は、各学科の紹介ページをご覧ください)

  わが国では、健康の増進や医療の発達によって人生100年という長寿社会の時代が到来しつつあり、IOT、ビッグデータ、人工知能をはじめとする技術革新に支えられた人間中心の社会Society5.0の実現が標榜されています。また世界的には、持続可能な国際社会の実現を目指す開発目標SDGsを掲げた努力があらゆる分野で進められています。このような将来像の中で私たちに必要となる資質・能力とはどのようなものでしょうか?

  知識や情報が最重要視された時代もありましたが、現代ではスマホなどのIT端末を使って容易に過去の歴史やあらゆる分野の最新のデータを得ることができます。数年前の知識・技術にはすでに陳腐化しているものもあります。伝統の力に敬意を払いつつ、革新の波を受け入れ、さらに新しい社会を創造する、そんな力を持った若い人材が求められる時代になったと感じます。

  本学では、新しい時代をより健全な形で構築していくのに欠くことのできない女性人材を育成することを目指します。皆さんには、深い教養と専門能力に支えられた個性・アイデンティティーを育み、現代社会の中で生きる力を身につけて頂ければと思います。皆さん一人ひとりが個性を持ったたくましい女性人材として育ち、社会で活躍できるよう、私たち教職員は(昨今の新型コロナウィルス感染症にも適切に配慮しながら)全学一体となって皆さんを教育・支援します。

 

 

岐阜市立女子短期大学学長

畑中 重光