教育方針

  本学の教育方針は、各学科ごとに策定した「学位授与の方針」(ディプロマ・ポリシー)、「教育課程編成・実施の方針」(カリキュラム・ポリシー)及び「入学者受入れの方針」(アドミッション・ポリシー)の三つのポリシーに基づいて大学教育を実現しています。

ディプロマポリシー

  岐阜市立女子短期大学の卒業認定方針(ディプロマ・ポリシー)では、以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生の卒業を認定します。

1.教育課程の多面的履修を通して、基礎的な学習能力を養うとともに、人間社会と暮らしに対する関心と理解を深め、深い教養と
  考える力を身につけた学生。
2.専門分野での体系的学習と、分野を超えて幅広く関心のある科目の学習を通して、現代の多様な課題を発見、分析、解決する
  能力を身につけた学生。
3.「講義」「演習」での学びや、卒業論文等の作成を通して、専門的知識・技能の活用力、批判的思考力、問題解決力、表現能力、
  コミュニケーション能力など、総合する力を身につけた学生。

各学科ごとのディプロマポリシーは、次のとおりです。

英語英文学科国際文化学科食物栄養学科生活デザイン学科

英語英文学科

  英語英文学科では、以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生の卒業を認定し、短期大学士「英語英文学」の学位を授与します。

1.英米及び英語圏の言語、文学、文化などを学ぶことを通して、自己と世界に対して目を開き、幅広く深い教養を修得し、異文化
  や他者に対する細やかな想像力をもつ学生。
2.実用的な英語運用能力を身につけ、国際的な場面や地域社会で活躍できる能力をもつ学生。

  

国際文化学科

  国際文化学科では以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生の卒業を認定し、「短期大学士(国際文化学)」の学位を授与します。

1.グローバル化の進む社会において、自国の文化を深く理解し、世界のさまざまな文化・思想・宗教などを理解することによって
  民族・国家による価値観の違いを認識し、受け入れることのできる力を身につけた学生。
2.国際的な意思疎通と相互理解のため、英語に加え中国語または韓国語の語学力を身につけるとともに、異文化を背景にもつ
  外国人とのコミュニケーションのとり方を身につけた学生。
3.誰でも簡単に国境を越えることのできる現代の情報化社会で働き、生活していくために必要なコンピュータによる情報収集能力
  情報処理能力、自己表現能力などを身につけた学生。

  

食物栄養学科

  食物栄養学科は、人々の健康の保持・増進や疾病の予防・治療において、栄養のスペシャリストとしてその専門性を活かした業務を行うことができる栄養士の養成を目標にしています。これを実現すべく、本学科が定める栄養士免許取得に必要な全単位数、または所定の卒業単位数を修得した者に、「短期大学士(食物栄養学)」の学位を授与します。
  なお、学位の授与にあっては、以下の点も留意し、「食品・栄養・人体・疾病に関する幅広い知識を身につけ、高い倫理観と責任感をもって行動ができる人物」と認められた者に対して学位を与えます。

生活デザイン学科

  生活デザイン学科では、広く人間の生活に関連する事物のデザインを追究し、それらを軸とした学生への教育実施によって「ものつくり」と「智慧」を習得した「専門性を有する教養人」「教養を有する専門家」の輩出を目指しています。本学全体の卒業認定方針に加え、学科として以下の方針にもとづいて学生の卒業を認定し、「短期大学士(生活デザイン学)」の学位を授与します。

1.各専修が設定した知識や技術の習得目標を達成し、「ものつくり」に関わる能力を身につけている。
2.デザインの思想や意義を理解し、創造的な解決を導き出す「智慧」にもとづいて、社会生活における諸課題に取り組む姿勢を身に
  付けている。

カリキュラムポリシー

  岐阜市立女子短期大学は幅広い教養と豊かな人間性を育み、考える力と専門的技能をもって創造的な社会生活を営むことのできる女性の育成を目的とします。このような目的のもと、英語英文学科、国際文化学科、食物栄養学科、生活デザイン学科の4学科を設置し、それぞれの分野において以下の方針(カリキュラム・ポリシー)に基づいて教育課程を編成しています。

1.様々な学問分野にわたる教育を実施し、幅広いものの見方、考える力を育み、人間社会と暮らしに対して柔軟に思考する力を
  養います。学習者が主体的に学びを構成し、深い教養と判断力を養います。
2.専門分野での体系的学習の実践と、分野を超えて幅広く関心のある科目を履修することができるプログラムを設け、分析力、
  応用力、問題解決力、表現能力など、社会の諸問題に対処するための高い能力の修得をめざします。
3.参加型の少人数教育による充実した指導体制によって、きめ細かで質の高い教育を提供します。

  

各学科ごとのカリキュラムポリシーは、次のとおりです。

英語英文学科国際文化学科食物栄養学科生活デザイン学科

英語英文学科

  英語英文学科は、英米及び英語圏の言語、文学、文化などを学ぶことを通して、自己と世界に対して目を開き、幅広く深い教養を修得するとともに高い語学力を身につけ、国際的な場面や地域社会で活躍できる自立した女性を育成することを目指しています。このような理念のもと、英語英文学科は、以下の方針に基づいて教育課程を編成しています。これらの充実した指導体制により、きめ細やかで質の高い教育を提供します。

1.英語によるコミュニケーション力を、英語運用能力とそれを支える幅広く深い教養として位置付け、実用的な英語運用能力を伸ば
  すための「実用英語」科目と、豊かな教養を身につけるための「英文講読」科目及び「英米関係講義」科目を展開します。
2.実用的な英語運用能力を伸ばすために必要な要素を、「読む力」「書く力」「聞く力」「話す力」とし、これら4 技能の力をバランスよく
  向上させることができるよう、質・量ともに充実した「実用英語」科目を展開します。
3.幅広く深い教養を修得するために、「英米文学」「英語学」「英語教育学」「現代コミュニケーション学」などの学問を体系的に学ぶこ
  とができる「英文講読」科目と「英米関係講義」科目を展開します。
4.少人数の演習科目、ゼミナール科目など、参加型の科目を数多く設置することにより、自ら考える姿勢を養い、自分の意見を他者
  にことばによって伝える力を体得します。

  

国際文化学科

  国際文化学科では、世界の多様な文化や価値観を理解し、言語や情報のコミュニケーション能力を身につけるため、以下のような3つの専門教育科目群を設けています。

1.日本をはじめとしたアジアの文化や欧米の文化の理解を通じて、文化・思想・宗教などに価値観の違いがあることを学ぶため、
  「異文化の理解に係わる科目群」を設けています。
2.日本語能力を更に高め、実践的な英語力を育成し、中国語、韓国語の基礎を学ぶとともに、コンピュータの技能を学ぶため、少人
  数で授業を行う「情報・言語コミュニケーションに係わる科目群」を設けています。
3.学生各自の関心や将来の進路に応じて、人間関係論、観光論、ホテル論などが学べる「実社会への橋渡しとなる科目群」を設け
  ています。

  

食物栄養学科

  食物栄養学科は、厚生労働大臣指定の栄養士養成施設であり、法令に沿ったカリキュラム編成のもと栄養士の資格を取得するための授業科目を展開します。
  また、本学科独自の科目を設けて、基礎教育科目や専門科目の強化・充実を図るとともに、栄養士としての職業意識を育成するための教育を行います。

1.1年次前期には、本学科独自の基礎教育科目として、「基礎実験化学」を開講し、高等学校において化学の未履修者を対象にし
  た基礎教育を行います。
2.1年次から2年次までに、本学科独自の専門科目として、「老年学」、「病態病理学」、「食品微生物学」、「食品品質管理論」、「食
  品流通論」、「栄養士特論」、「カウンセリング論」の7科目を開講し、管理栄養士に必要な知識も一部先行的に学べる教育を行い
  ます。
3.とくに、1年次後期には、現役で活躍している管理栄養士・栄養士を講師陣として迎え、オムニバス形式の「栄養士特論」を開設
  し、栄養士としての職業意識の育成を行います。
4.2年次には、少人数教育による卒業研究を行い、栄養士に必要とされる高度な専門的知識・技能を習得させるとともに、協調性や
  対話力など社会性を身につけさせるための教育を行います。

  

生活デザイン学科

  生活デザイン学科では、広く人間の生活に関連する事物のデザインを追究し、それらの学びを通して「ものつくり」に関わる専門能力と、社会生活における諸課題を創造的に解決するための「智慧」の習得を目指しています。このような目標を実現するため、本学科では以下の方針にもとづいて専門教育科目の教育課程を編成し、実施します。

1.デザイン活動全般において必要不可欠な能力を習得するための「基礎科目」を設定し、専門性獲得のための基盤を構築する。
2.専修固有の知識と技術を体系的に身につけるための「専修科目」を設定し、専門的で実践的な能力を習得する。
3.各専修の連関について理解を深め、より広い知見を得るための「展開科目」を設定し、知識と技術を総合的に活用する能力を習
  得する。

  

アドミッションポリシー

  本学は「戦後日本の発展は女子教育から」の理念のもとに、1946年中部地方最初の公立女子専門学校として設立されました。以来、幾多の改組改編を経て現在の岐阜市立女子短期大学になりました。
  本学の入学者受入方針(アドミッションポリシー)として、必要な基礎学力と豊かな感性を備え、自ら学ぶ姿勢をもって、積極的に問題解決と社会に向き合う力を有する学生を求めます。そのため教育理念・目標と各学科の特性に応じ、適正かつ多様な入試を実施し、教育を受けるのにふさわしい学生の能力・適正等を多面的かつ公正に評価し、入学者の選抜を行います。

各学科ごとのアドミッション・ポリシーは、次のとおりです。

英語英文学科国際文化学科食物栄養学科生活デザイン学科

英語英文学科

  英語英文学科は、英米及び英語圏の言語、文学、文化などを学ぶことを通して、自己と世界に対して目を開き、幅広く深い教養を修得するとともに高い語学力を身につけ、国際的な場面や地域社会で活躍できる自立した女性を育成することを目指しています。
  本学科では、充実した実用英語カリキュラムにより実践的な英語力を身につけることを目標にしています。あわせて、英語学や英米文学などの専門科目群を通して、英語という言語そのものや、その背景にある文化を多面的に学び、深い教養に裏打ちされた英語コミュニケーション能力の習得を目指します。
  このような教育目標のもとで、基礎的な英語力を身につけており、英語や英米文化に深い関心があり、自らの可能性を伸ばそうとする意欲に満ちた学生の入学を期待しています。

  

国際文化学科

  国際文化学科は、世界の多様な文化や価値観を理解し、言語コミュニケーション能力や情報コミュニケーション能力を身につけ、国際化・情報化した現在の社会において積極的・主体的に活躍できる人材の育成を目的としています。
そのために、日本を含めた世界の多様な文化や価値観を学び、相互の差異を理解し、互いに尊重し合うことのできる豊かな国際感覚の育成を目指します。また、国際的な意思疎通と相互理解のために、英語・中国語・韓国語の実践的な語学力・会話能力の育成を行うとともに、母語としての日本語運用能力の向上と、情報化社会に対応するうえで必要なコンピューターの実用能力の向上を目指します。上記のような本学科の教育目標に共感を持ち、積極的かつ主体的にこれらの目標に取り組んでいける人の入学を期待しています。

食物栄養学科

  食物栄養学科は、栄養や食生活の面から健康を維持・増進させることだけでなく、人体の構造と機能、食品と衛生、各種疾病の予防や食事療法、栄養の指導、給食の運営に至るまでの幅広くきわめて重要な分野を学びます。本学で高度な栄養教育を受け、優秀な栄養士として地域社会において積極的役割を果たせる人材、健康な食生活を企画・実践できる人材を養成します。
  栄養士には、高度な専門知識・技能のほか、協調性やコミュニケーション力など総合的な能力が必要とされます。本学は、それらを徹底した少人数教育により指導しています。このような教育環境の中で「食」と「健康」のスペシャリストを目指し、社会のために役立ちたいという強い意志と大きな夢を抱いている学生の入学を期待しています。

生活デザイン学科

  生活デザインは、 人間が生活している空間と、それに関連する事物のデザインを追究する学科です。ファッション専修と建築・インテリア専修、ヴィジュアル専修から構成されています。我々が考えるデザインとは「ものつくり」に関わる計画や意匠だけでなく、人間が生きていく上で必要なデザイン的思考、智慧・哲学でもあります。本学科 では「ものつくり」と「智慧」を習得した「専門性を有する教養人」「教養を有する専門家」の輩出を目指します。
  本学科では、このような教育目標を理解した上で、基礎的な学力・論理的な思考力を有するとともに、生活デザイン学科で学びたいという強い意志を持っている人の入学を望んでいます。この学びに対する前向きな姿勢が、専門的な知識・技術を修得しようという目的意識の向上につながっていきます。旺盛な意欲と若々しい感性に満ちた学生の入学を期待しています。