お知らせ

ネットワーク大学コンソーシアム岐阜「学生による地域課題解決提案事業」成果報告会において第2位を受賞しました。
お知らせ

岐阜県下22大学で構成されているネットワーク大学コンソーシアム岐阜では、地域が持つ課題を学生が調査研究し解決策を提案する「学生による地域課題解決提案事業」を実施しています。昨年12月23日(土)に成果報告会が岐阜大学サテライトキャンパスにて行われました。
本学からは、食物栄養学科2年生沖本美空さん、小林真子さん、三宅彩月さんが「地域における摂食困難な状況にある高齢者と家族への支援~ニーズ調査とメニュー提案~」と題し、地域の高齢者への食のサポート活動について報告を行いました。在宅介護を受けている高齢者の食生活上の課題を調査した結果に基づき、在宅でも継続できる栄養価に富んだ介護食の献立を提案しました。調査研究から試作を繰り返し最終的な献立の提案といった地道な活動が認められ、第2位を受賞しました。