公開講座

平成29年度公開講座

語 学
我が青春のフォーク・ソング ―1960年代アメリカと日本のフォーク・シーン―
募集期間:
平成29年5月6日必着
開催期間:
平成29年5月20日(土)10:00~11:40
講師:
本学 名誉教授 山本 健一
受講料:
1,000円
会場:
本学 定員20名

 1960年代のアメリカは、戦後の経済的豊かさを実現しつつあった一方、国内の政治不信に対し、若者たちは公民権(Civil Rights)運動やベトナム戦争反戦運動などに向かっていきました。このような社会状況の中、ウィーバーズ、ウディ・ガスリー、ピート・シーガー、キングストン・トリオ、ハイウェイメン、ボブ・ディラン、ジョーン・バエズ、ブラザーズ・フォア、ピーター・ポール&マリーなど、多くのフォーク・ソング・シンガー達は、時代の矛盾を歌うべく登場しました。これらの影響を受け、アメリカより少し遅れて日本でも、岡林信康、フォーク・クルセダーズ、ブロードサイド・フォー、森山良子、ビリー・バンバン、五つの赤い風船、吉田拓郎、イルカ、かぐや姫、海援隊、五輪真弓、荒井由実、中島みゆきなどが活躍しました。今回1960年代を中心に、アメリカと日本のフォーク・シーンを概観し、同時に、その時代を映し出す名曲を全員で合唱しながら、青春時代の想い出のフォーク・ソングの懐かしい世界を楽しむことにします。

岐阜市生涯学習センターとの連携講座 「健康な暮らしを目指して」
① タバコと健康 ~もう一度考えてみよう~
募集期間:
平成29年6月17日必着
開催期間:
平成29年7月1日(土) 10:00~11:30
講師:
食物栄養学科 教授 中村 こず枝
受講料:
500円(※①,②合わせての受講となります。)
会場:
ハートフルスクエアーG 定員50名

 「タバコは体に悪い。」誰もが知っています。タバコは、肺がん、肺気腫、喘息、肺炎を起こします。冠動脈疾患、脳血管疾患、糖尿病など生命に係る生活習慣病の危険因子でもあります。タバコを吸っている人はこう言います。「体に悪い、病気になることも承知の上で、自己責任で吸っている。個人の自由だし他人には迷惑をかけていない。」と。タバコを吸わない人は、「自分は吸わないし、吸いたい人の自由。気にしなくても。」と考えていませんか?普段の生活に潜む、健康への影響が少なくないタバコ問題について、最近注目されている受動喫煙問題を含め考えてみましょう。

② 食生活と健康 ~日本の伝統的な食のチカラで、家族の健康を~
募集期間:
平成29年6月17日必着
開催期間:
平成29年7月8日(土) 10:00~11:30
講師:
食物栄養学科 専任講師 長屋 郁子
受講料:
500円(※①,②合わせての受講となります。)
会場:
ハートフルスクエアーG 定員50名

 普段何気なく口にしている「食」ですが、いつ、どこで、何を食べてきたのか…その積み重ねが、心身の健康へとつながっています。日本は食の多様化が進み、便利で豊かになった反面、食の大切さに対する意識が薄れ、その結果、生活習慣病など様々な問題を抱えています。食生活と健康は、一人一人が主体的に日々取り組むべき課題といえるでしょう。
そこで、毎日の「食」を振り返りながら、ご自身やご家族の健康寿命を延ばす一歩として、またお子さんやお孫さんへの食育として、日本の伝統的な食生活の知恵を見直してみましょう。

メインテーマ講座 「知」を探求する
アルファベットの発明と空間概念の変容 ―『グーテンベルクの銀河系』を読む
募集期間:
平成29年8月18日必着 (4講座まとめても8月18日必着)
開催期間:
平成29年9月2日(土) 10:30~12:00
講師:
英語英文学科 教授 中西 満貴典
受講料:
1,000円 (4講座まとめて受講する場合2,000円)
会場:
メディアコスモス かんがえるスタジオ 定員20名

 歴史的に、伝達媒体の発明(文字の発明や活版印刷術の発明)によって、わたしたちの表現のしかたや思考様式は大きく影響を受けてきたといわれています。本講座では、昨年に引きつづき、マーシャル・マクルーハン著『グーテンベルクの銀河系』を読みます。その中の一節、「アルファベット技術の精神への内化が行われる以前には、なぜ視覚的外観に対しひとびとは興味を示さなかったのかを、ギリシャ世界は例示してくれる。」を取りあげて、口承文化における聴覚優位のオラルの世界から事物の認識を視覚的にとらえるようになっていく過程を、追体験してみようと思います。

ヘミングウェイとスペイン内戦 ―『誰がために鐘は鳴る』(For Whom The Bell Tolls, 1940)を中心に―
募集期間:
平成29年8月25日必着 (4講座まとめては8月18日必着)
開催期間:
平成29年9月9日(土) 10:30~12:00
講師:
本学 名誉教授 山本 健一
受講料:
1,000円 (4講座まとめて受講する場合2,000円)
会場:
メディアコスモス かんがえるスタジオ 定員20名

 第一次世界大戦(1914-1918)後のヨーロッパは、1922年には、イタリアにファシスト政権、ロシアには共産主義政権のソビエト連邦が成立し、1929年のアメリカ、ニューヨーク発の経済不況は世界恐慌に発展しました。1933年には、ドイツでナチスが政権を握り、1936年、スペインでは人民戦線政府(共和国政府)とフランコ将軍(民族独立主義派)の指揮する軍部との衝突から、スペイン内戦(1936-1939)が勃発しました。ファシズムの台頭と共産主義思想の拡大という対立的世界情勢の変化の中、スペインの風土と文化を深く愛するヘミングウェイはいち早く国際義勇軍に参加し、フランコ率いる反乱軍(ファシスト側)にペンで立ち向かいました。1940年には『誰がために鐘は鳴る』を出版し、自らが体験したスペイン内戦の実情を通して、ファシズムの恐怖と暴力に立ち向かう英雄的人間像を造形しましたが、ヘミングウェイたちの努力もむなしく、反乱軍側の勝利で終結し、フランコ独裁体制が確立されました。しかも内戦終結後ただちに、ヨーロッパは第二次世界大戦(1939-1945)に突入することになります。

中国人はなぜ日本で「爆買いする」のか?
募集期間:
平成29年9月2日必着(4講座まとめては8月18日必着)
開催期間:
平成29年9月16日(土) 10:30~12:00
講師:
国際文化学科 教授 王 武雲
受講料:
1,000円 (4講座まとめて受講する場合2,000円)
会場:
メディアコスモス かんがえるスタジオ 定員20名

 爆買い(ばくがい)とは、一度に大量に買うことを表す俗語です。来日した中国人観光客が大量に商品を購買することに用いられ、2014年頃までに定着しました。この用語は2015年ユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞にも選出されました。中国人はなぜ日本で「爆買いする」のか。爆買いする人たちは本当にどのぐらいのお金持ちですか。具体的な事例を通じて、中国の国内事情や中国人の価値観及び人間関係などを探っていきます。

現代の英語小説-ポストコロニアル文学の世界
募集期間:
平成29年9月2日必着(4講座まとめては8/18必着)
開催期間:
平成29年9月16日(土) 13:00~14:30
講師:
英語英文学科 専任講師 古東 佐知子
受講料:
1,000円 (4講座まとめて受講する場合2,000円)
会場:
メディアコスモス かんがえるスタジオ 定員20名

 近年の英米文学の世界では、「ポストコロニアル」という領域が注目されています。日本語に訳すと文字どおり「植民地後」の文学ということですが、一般的には旧植民地出身の現代作家のことを指すことが多いです。そもそも古典といわれる英米文学の作品は、英米の文化的優位を確立させ、それ以外のものを野蛮なものにおとしめ、そうすることで西洋化、植民地化が可能になったという批判から出発しています。本講座では、文学と文化と権力の結びつきを少し考えてみたいと思います。

生活デザイン講座
募集期間:
岐阜市立図書館分館ファッションライブラリー(058-268-1061)へお問合せください。
開催期間:
平成29年4月~平成30年2月
講師:
生活デザイン学科  教員
受講料:
無料  (ただし講座によっては材料費を徴収することがあります。)
会場:
ハートフルスクエアーG  2階 クラフト室 (市立図書館分館との共催)

 生活=衣・食・住・遊がキーワードです。生活デザイン学科の教員がそれぞれの専門性を生かし、ファッション、建築、ヴィジュアルのデザイン分野から毎月1回公開講座を行います。講義、ワークショップ、討論会といろいろな形式で、市民の方々と講座をつくりあげていきます。

羊毛でつくるフェルト帽子
募集期間:
平成29年10月13日必着
開催期間:
平成29年11月11日(土) 13:00~16:00
講師:
生活デザイン学科 教授 村上 眞知子
受講料:
1,500円(材料費含む)
会場:
本学 定員15名

 羊毛で、フェルト帽子をつくります。羊毛のセーターはゴシゴシ洗ったり、誤って洗濯機に入れて洗ってしまうと、小さく縮んでつかいものにならなくなってしまいます。ここではこのような羊毛の性質を利用して、羊毛の繊維をゴシゴシこすって、素敵なフェルト帽子をつくります。

発 展
管理栄養士国家試験受験対策講座
募集期間:
申し込み不要です。各回当日直接本学へ来てください。
開催期間:
平成29年9月26日から11月7日まで毎週火曜日計7回 19:00~21:00
11月7日の講座は中止になりました。
科目日程はこちら
講師:
食物栄養学科  教員
受講料:
1,500円/回
会場:
本学 定員20名

 管理栄養士国家試験受験を考えている方を対象として、公開講座(7回)を開催します。食物栄養学科教員と一緒に、試験に向けて勉強してみませんか。講座では管理栄養士国家試験対策テキストや過去問題集を用いてわかりやすく解説します。一般の方の受講も歓迎します。

繊維製品品質管理士(TES)受験対策講座
募集期間:
全10回、第1回の申し込みは平成29年9月28日必着。2回目以降の申し込みは、開催日2週間前の木曜日必着。
開催期間:
10月~7月の原則第2金曜日  19:00~20:50 全10回(うち平成29年度は6回)
講師:
生活デザイン学科  准教授 太田 幸一
受講料:
1,500円/回  テキスト代実費10,400円
会場:
本学 定員20名

 「繊維製品品質管理士(TES)」は、繊維製品を取り扱う専門家に与えられる資格で、年1回全国規模で試験を行い、合格者に資格を認定しています。アパレル製品の生産に携わる人にとって、TESの資格は今や必須の資格になりつつあります。テキストと過去問題集を中心に、本学の繊維関連試験機や試験装置なども用いてわかりやすく解説していきます。

 応募方法はこちらです。